〒160-0023 東京都新宿区 西新宿7丁目19番5号 KYS西新宿ビル1階

無料相談受付中
営業時間:9:00~19:00
平日・土曜・日祝受付中

ご自宅への出張面談も可能です

【速報】家賃支援給付金を申請して「最短」で貰う方法【個人事業主やフリーランス必見】

今回は、2020年6月12日に国会で成立しました第二次補正予算の目玉・家賃支援給付金を最短でもらう方法について、確認・説明をしていきたいと思います。

 

同じ内容を下記の動画でもお話ししています。

まず、家賃支援給付金支給の条件の確認です。1つめ、前年の同月に比べて売上が50%以上下がっていること。この対象期間が令和2年(2020年)5~12月なので、最短でもらうためには5月の売上が50%以上下がっていることが条件となります。

もし5月の売上が50%以上下がっていなくても、6月や7月の売上が50%以下でも対象にはなります。ただし月が遅くなるので、最短ではもらえません。

 

3カ月連続で売上が30%以上、去年に比べて下がったという人も対象にはなりますが、この条件は最短でも5・6・7月で計算されるので、支給されるのはそれ以降になります。最短でもらえるのはまず5月の売上が50%以下になっている人が対象です。

まだ正式発表にはなっていませんが、最短でもらうために準備しておきたい書類について説明します。1番は賃貸契約書。これが必ず必要になります。

 

今お店を営業している契約書がちゃんと保管されているのか、あるのかないのか、その名義が誰になっているのか、確認しておいてください。名義もおそらく重要なポイントになると思いますので、こちらも必ずご用意ください。

 

持続化給付金と同様に必要と予想されているのが、営業している証明となる確定申告書。これが2つめ。3つめは本人確認書類です。4つめ、通帳のコピー。5つめ、おそらく売上台帳。

この5つが必要になると思いますので、5月の売上が50%以上下がっていて、最短でもらえる対象になっている人はこの5つを準備してお待ちください。

 

そして6月20日頃と言われている申請に最短で申し込んで、最短でもらえるように、皆さんも考えて行動してください。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-75-1234
営業時間
9:00~19:00
平日・土曜・日祝受付中!

【メルマガ&動画チャンネル】
(無料です(*'ω'*))

 

税制の改正や相続に関する情報をタイムリーに配信中!
是非登録してくださいね!

新宿相続税理士事務所
チャンネル

税金!相続等の情報をタイムリーに
解りやすく動画で配信しております!
ぜひチャンネル登録をしてご覧ください

youtubeのテーマ募集中!

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-75-1234

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。