〒160-0023 東京都新宿区 西新宿7丁目19番5号 KYS西新宿ビル1階

無料相談受付中
営業時間:9:00~19:00
平日・土曜・日祝受付中

ご自宅への出張面談も可能です

【How much?】相続放棄の目安費用
出費を減らすエコ依頼術付き

こんにちは。相続税理士の天尾です。('ω')

 

今回のテーマは、『相続放棄にかかる費用』。

相続放棄の手続きは、いくらあれば可能なのでしょうか?


「相続放棄の手続き費用って高いの?」

「専門家へ依頼したらいくら必要?」
 

こんな方はぜひ、読んでみて下さい。

 

なお、この記事での費用はあくまで『目安』です。

一概に断言できる内容ではありませんので、あらかじめご理解下さい。

 

また、専門家への出費を抑えるポイントもご紹介。

費用面が引っかかり依頼に踏み出せない方は、チェックしてみましょう!

【目安費用】相続放棄いくらあれば出来る?

相続放棄の手続き方法は3通り。

 

  • 【自分】で手続きする
  • 【司法書士】に依頼する
  • 【弁護士】に依頼する

 

それぞれの、おおよその費用としては以下のとおりです。

【自分】で手続き 2,500円~5,000円    
【司法書士】に依頼 3万円~5万円    
【弁護士】に依頼 10万円~    

 

専門家の報酬体制は事務所ごとに違うため、アバウトな費用しか提示できません。

自分で手続きする場合はある程度絞られてきますが、個人の状況でやはり変動してきます。

 

ちなみに、それぞれの費用の内訳も簡単にまとめています。

気になる人はチェックしてみて下さい。

【自分】で手続き

【費用①】必要書類の発行手数料:約1,200円~

  • 住民票
  • 戸籍謄本

 

【費用②】収入印紙:800円

  • 相続放棄申述書に貼るもの

 

【費用③】郵便切手:500円前後

  • 家庭裁判所からの書類送付用
  • 費用は各家庭裁判所により異なる
  • 東京家庭裁判所の場合は376円

(84円切手×4、10円切手×4)

 

なお、【費用①】は相続放棄する人が『誰か』により費用が変動。

必要な戸籍謄本の数が違ってくるためです。

 

◆:配偶者

い.故人の住民票除票または戸籍附票   300円前後  
ろ.申述人(相続放棄する人)の戸籍謄本   450円  
は.故人の死亡記載がある戸籍謄本   450円~  
  • い.自治体により異なる
  • ろ.全国共通
  • は.全国共通

(戸籍謄本:450円、除籍謄本:750円、改製原戸籍:750円)

◆:

い.故人の住民票除票または戸籍附票   300円前後  
ろ.申述人(相続放棄する人)の戸籍謄本   450円  
は.故人の死亡記載がある戸籍謄本   450円~  
  • い.自治体により異なる
  • ろ.全国共通
  • は.全国共通

(戸籍謄本:450円、除籍謄本:750円、改製原戸籍:750円)

 

※【代襲者】の場合、必要な戸籍謄本追加

◆:親または祖父母

い.故人の住民票除票または戸籍附票   300円前後  
ろ.申述人(相続放棄する人)の戸籍謄本   450円  
は.故人の出生~死亡までの全ての戸籍謄本   450円~  
  • い.自治体により異なる
  • ろ.全国共通
  • は.全国共通

(戸籍謄本:450円、除籍謄本:750円、改製原戸籍:750円)

 

※【子】が死亡している場合、戸籍謄本追加

※【祖父母】または【それ以前の世代の人】の場合、戸籍謄本追加

◆:兄弟姉妹

い.故人の住民票除票または戸籍附票   300円前後  
ろ.申述人(相続放棄する人)の戸籍謄本   450円  
は.故人の出生~死亡までの全ての戸籍謄本   450円~  
に.故人の親や祖父母の死亡記載がある戸籍謄本   450円~  
  • い.自治体により異なる
  • ろ.全国共通
  • は.全国共通

(戸籍謄本:450円、除籍謄本:750円、改製原戸籍:750円)

  • に.全国共通

(戸籍謄本:450円、除籍謄本:750円、改製原戸籍:750円)

 

※【子】が死亡している場合、戸籍謄本追加

※【甥】や【姪】の場合、戸籍謄本追加

【司法書士】に依頼

【費用①】相談料:無料~

  • 有料の場合、5,000円/60分のところが多い

 

【費用②】代理手数料:3万円~5万円

  • 申述書の代理作成費
  • 必要書類の代理取得を依頼した場合は、追加手数料が発生
  • 期限後や急ぎの依頼は、追加費用が発生

 

【費用③】収入印紙:800円

  • 相続放棄申述書に貼るもの

 

【費用④】郵便切手:500円前後

  • 家庭裁判所からの書類送付用
  • 費用は各家庭裁判所により異なる
  • 東京家庭裁判所の場合は376円

(84円切手×4、10円切手×4)

【弁護士】に依頼

【費用①】相談料:無料~

  • 有料の場合、10,000円/60分のところが多い

 

【費用②】代理手数料:10万円~

  • 申述書の代理作成費
  • 必要書類の代理取得を依頼した場合は、追加手数料が発生
  • 期限後や急ぎの依頼は、追加費用が発生
  • 成功報酬を設けている事務所もあるので要確認

 

【費用③】収入印紙:800円

  • 相続放棄申述書に貼るもの

 

【費用④】郵便切手:500円前後

  • 家庭裁判所からの書類送付用
  • 費用は各家庭裁判所により異なる
  • 東京家庭裁判所の場合は376円

(84円切手×4、10円切手×4)

相続放棄するならどれ?【自力・司法書士・弁護士】

  • 自分でやるべきか?
  • 専門家へ頼むべきか?

 

悩む方も多いのではないでしょうか。

ここではいくつかの判断材料と、メリット&デメリットをご紹介。

 

自分にぴったりの選択肢を見つけてみましょう。

こんな人は【自力】でやってみてもいいかも

判断基準

  • 費用を極限まで抑えたい
  • 書類作成などの手間がかかっても構わない
  • 時間が十分に取れる
  • 期限までに余裕がある
  • 相続トラブルの心配がない

 

メリット
格段に安い費用で済ませられる
 
デメリット
申述書に記載する内容次第では、認められない可能性がある

手間や時間を犠牲にしなければいけない

こんな人は【司法書士】がいいかも

判断基準

  • 住民票や戸籍謄本を集めるのがめんどくさい
  • 書類を作成するのが億劫
  • なるべく費用を抑えたい
  • ある程度の手続きは自分でしても構わない
  • 時間が十分に取れない
  • 期限までにあまり時間がない
  • 期限が過ぎている
  • 借金や相続トラブルの心配がない

 

メリット
比較的安い費用で専門家へ依頼できる
 
デメリット
家庭裁判所での手続きや対応は自分でしなければいけない

借金や相続トラブルについては依頼できない

相続放棄すべきかなど、法律相談はできない

こんな人は【弁護士】がいいかも

判断基準

  • 借金が多額
  • 借金請求の対応をしてほしい(債権者対応)
  • 書類収集~手続き、対応や交渉など全てを任せたい
  • 確実に成立させ、煩わしさから解放されたい
  • 相続に一切関わりたくない
  • 相続人の間でトラブルが起きている
  • 相続トラブルが起きる可能性がある
  • 期限が過ぎている
  • 相続放棄が認められない可能性がある

 

メリット
一切手を加えずに済ませられる

トラブル対応や交渉も任せられる
 
デメリット
費用が高い

【相続放棄する前に】知っておきたい注意点

「やっぱり相続放棄するんじゃなかった…。」

「相続放棄ができない?どうして?」

 

知らないままでいると、後で悔しい思いをするかもしれません。

ここでは、4つの注意点を簡単にご紹介。

 

ざっくり目を通しておきましょう。

【注意①】プラス財産もセットで放棄

相続放棄の対象は『故人の財産』。

プラス財産はもちろん、借金などのマイナス財産も含まれます。

都合よく分けて選択することはできないので、注意しましょう。

 






 

【注意②】成立したら後戻りできない

やっぱり相続したいと思っても、相続放棄後はできません。

ただし、以下のような場合は取消が認められています。

 

  • だまされた
  • 脅迫されて相続放棄した
  • 代理人の同意を得ず、未成年者が相続放棄した
  • 認知症や知的障害のある人が、自分で相続放棄した

 


















 

【注意③】相続放棄できなくなる行為がある

相続放棄ができなくなる行為

  • 遺産の【使用】
  • 遺産の【売却】
  • 遺産の【譲渡】
  • 遺産の【廃棄】

 

問題ない行為

  • 遺産で『葬儀費用』の支払い
  • 遺産で『お墓』や『仏壇』の購入
  • 遺産で『医療費』の支払い
  • 『死亡保険金』の受取りや使用
  • 『死亡保険金』での支払い
  • 『ごくごく僅かな』故人所持のお金の受取りや使用

 

【注意④】相続権は移る

同じ順位の人が『全員』相続放棄すると、次の順位の人が相続人となります。

借金があれば、支払い義務も移行。

状況をよく吟味して相続放棄しましょう。

  次の相続人
【第一順位】子 親または祖父母
【第二順位】親または祖父母 兄弟姉妹
【第三順位】兄弟姉妹 身内での相続なし

【専門家にエコ依頼】出費を抑える4つのポイント

「専門家へ依頼したいけど、費用面がネック…。」

 

こんな風に思っている方もいるのではないでしょうか。

期限や手間、リスクなどを考えると出来れば専門家へ依頼したいですよね。

 

最後に、出費を抑える4つのポイントをご紹介。

可能なものがあれば実行してみましょう!

:住民票&戸籍謄本は自分で取得

役場での書類収集は、別料金で設定されていることが多くあります。

可能であれば、自分で用意してみましょう。

:早めに依頼

期限後や急ぎの依頼は費用UP。

必要な書類が増えたり、手間がかかってしまうからです。

期限前に、余裕を持って依頼しましょう。

:トラブルがなければ司法書士

代理権がない司法書士は、トラブル対応や交渉ができません。

しかし、とくに争いごとの心配が無いのであれば弁護士である必要はありません。

多少は自分でも動かなければいけませんが、費用を落とすことは可能です。

:法テラス経由で分割払い

『民事法律扶助』を受ければ、専門家への報酬を分割払いができます。

返済額は毎月5,000円または、毎月10,000円。

ただし、注意点もあります。

  • 収入が一定額以下である必要がある
  • 全ての専門家が対応しているわけではない

 

一度、法テラスに問い合わせてみましょう。

【最後に】この記事のまとめ

  • 相続放棄の目安費用は【2,500円~】【3万~】【10万~】
  • 時間や手間は惜しまない【費用重視型】は自己手続き向き
  • 手間や費用どちらもある程度抑えたい【バランス型】は司法書士向き
  • あらゆる問題から解放されるなら費用は惜しまない【完全委任型】は弁護士向き
  • 専門家への支払いが難しい人は、【法テラス経由】での依頼がおすすめ

 

相続放棄の費用はピンキリ。

費用をかければその分、確実性が増し安心できるでしょう。

 

相続放棄できるかできないかで、その後の人生は大きく左右されます。

とくに払いたくもない借金が絡んでくる場合は、バッサリ断ち切りたいところ。

支払いに追われるような生活なんてまっぴら御免です。

 

  • 自己手続きを考えていたけれど、やっぱり不安
  • そもそも相続放棄すべきか?

 

こんなお悩みを持っている方は一度、専門家へ相談してみましょう。

どこへ相談すべきか分からない方は、『ワンストップサービス』を提供している事務所がおすすめ。

司法書士や弁護士、税理士などの専門サービスが1箇所で受けることができます。

 

多方面での不安や悩み、歩き回る手間も省けるため当事務所でも取り入れています。

ありとあらゆる問題に対応でき、精神的な負担も大きく取り除くことができるでしょう。

 

一人で解決できない時は、専門家に頼ってしまうのも立派な選択肢です。

ぜひ、後悔だけはしないよう自分に合った方法をお選び下さい。

Pick Up!

【相続税率ランキング】世界10ヵ国と日本の最大税率を比較

日本の最大相続税率は『55%』。
世界から見てこの数字は大きいの?小さいの?
10ヵ国と日本をランキングにしてみました。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-75-1234
営業時間
9:00~19:00
平日・土曜・日祝受付中!

【メルマガ&動画チャンネル】
(無料です(*'ω'*))

 

税制の改正や相続に関する情報をタイムリーに配信中!
是非登録してくださいね!

新宿相続税理士事務所
チャンネル

税金!相続等の情報をタイムリーに
解りやすく動画で配信しております!
ぜひチャンネル登録をしてご覧ください

youtubeのテーマ募集中!

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-75-1234

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。