〒160-0023 東京都新宿区 西新宿7丁目19番5号 KYS西新宿ビル1階

無料相談受付中
営業時間:9:00~19:00
平日・土曜・日祝受付中

ご自宅への出張面談も可能です

【対象は誰】2割加算で相続税マシマシ
逆手に取る節税術あり【知っ得】

こんにちは。相続税理士の天尾です。('ω')

今回のテーマは『相続税の2割加算』。

 

もしかしたら聞いたことがある人も多いかもしれません。

実は、財産を『だれにあげる』かで相続税が2割マシになるのです。

 

 


「2割加算の対象になる人ってだれ?」

「やっぱりデメリットしかないの?」

 

こんな方のお役に立てる内容となっております。('ω')

 

 

2割加算のことを知らずに手続きを進めると思わぬトラブルの可能性も。

期限までにちゃんと支払ったのに、2割分足りずペナルティ。。なんてことにもなりかねません。

 

 

また、『2割マシ』をうまく活用することで節税できる方法もあります。

増額システムのはずが、逆に相続税が減るなんて知っておいて損はありません。

 

まずは対象になる人をチェックしてみて下さい。('ω')

【相続税×1.2】2割加算の対象になる人

財産を残す相手によっては、相続税が2割UPします。

2割加算の対象となる人は以下のとおり。('ω')

 2割増  祖父母

 2割増  兄弟姉妹

 2割増  孫

 2割増  養子の孫

 2割増  孫養子

 2割増  子の配偶者

 2割増  第三者

=【2割加算対象】

 

①配偶者 ②子 ③養子 ④孫養子 ⑤親 ⑥祖父母

⑦兄弟姉妹 ⑧甥・姪 ⑨孫 ⑩代襲相続人 ⑪友人(第三者)

お役立ちmemo

◆『代襲相続人』は2割加算されない

 

代襲相続とは本来の相続人の代わりに相続すること。

相続人がすでに死亡している場合、相続権がその子どもに移動します。

(上のイラストの⑩)

 

つまり、孫や甥・姪でも代襲相続の場合は2割加算対象外。

覚えておくとイイでしょう。

 

2割加算で相続税を減らす方法

増額効果により損するだけにしか見えない2割加算制度。

しかし、あえて2割加算をさせることで相続税がお得になることもあります。

 

具体的には以下のようなケース。('ω')

・子には相続させず、『孫に』相続させる

・兄弟姉妹には相続させず、『甥・姪に』相続させる

・親には相続させず、『兄弟姉妹に』相続させる

いわゆる『世代飛ばし』。

本来の相続の順番を1つ飛ばすやり方が当てはまります。

 

 

では、具体的にどのくらいお得になるのでしょうか?

今回は『孫に相続させるまでの相続税』を2パターンで比較してみました。

【比較その1】

①通常に相続

②世代飛ばし

 

【比較その2】

①通常に相続

②世代飛ばし

③子&孫への同時相続

【比較その1】通常と世代飛ばし

◆『孫世代』までの相続税を比較

 

①通常相続(親→子→孫)

②世代飛ばし(親→孫)

計算条件

相続財産について

・5,000万円、1億円、5億円、10億円の4パターンで比較

それぞれの財産は、負債などのマイナス財産を引いた金額とする

 

子と孫の人数について

・子と孫の人数は1人ずつ

 

その他

・配偶者はすでに亡くなっている、またはいないものとする

子は相続財産を使わず、そのまま孫が相続するものとする

・子自身の財産は無いものとする

【相続税】通常と世代飛ばし

①通常(親→子→孫)

  【5,000万円】 【1億円】
160万円 1,220万円
136万円 854万円
合計 296万円 2,074万円
 
  【5億円】 【10億円】
1億
9,000万円
4億
5,820万円
9,630万円 2億
1,090万円
合計 2億
8,630万円
6億
6,910万円

②世代飛ばし(親→孫)

  【5,000万円】 【1億円】


 2割増 

192万円 1,464万円
 
  【5憶円】 【10億円】


 2割増 

2億
2,800万円
5憶
4,984万円

【差額】世代飛ばしは通常よりどのくらいお得?

世代飛ばしでお得になる金額

5,000万円 104万円
1億円 610万円
5億円 5,830万円
10億円 1億1,926万円

【比較その2】子&孫と通常・世代飛ばし

◆『孫世代』までの相続税を比較

 

①通常相続(親→子→孫)

②世代飛ばし(親→孫)

③子&孫(親→子&孫→孫)

 

◆子と孫への財産割合を5パターンで検証

①子:孫=10%:90%

②子:孫=30%:70%

③子:孫=50%:50%

④子:孫=70%:30%

⑤子:孫=90%:10%

計算条件 (※比較その1と同じ)

相続財産について

・5,000万円、1億円、5億円、10億円の4パターンで比較

それぞれの財産は、負債などのマイナス財産を引いた金額とする

 

子と孫の人数について

・子と孫の人数は1人ずつ

 

その他

・配偶者はすでに亡くなっている、またはいないものとする

子は相続財産を使わず、そのまま孫が相続するものとする

・子自身の財産は無いものとする

【5パターンの相続税】子&孫

【子10%】【孫90%】→孫

  【5,000万円】 【1億円】
8万円 92万4,000円

孫①
 2割増 

86万4,000円 997万9,200円
孫② 0円 0円
合計 94万4,000円 1,090万3,200円
 
  【5億円】 【10億円】
1,712万6,000円 4,239万5,000円

孫①
 2割増 

1億
8,496万800円
4億
5,786万6,000円
孫② 0円 274万750円
合計 2億
208万6,800円
5憶
300万1,750円

【子30%】【孫70%】→孫

  【5,000万円】 【1億円】
24万円 246万9,000円

孫①
 2割増 

67万2,000円 691万3,200円
孫② 0円 0円
合計 91万2,000円 938万2,200円
 
  【5億円】 【10億円】
4,687万8,000円 1億
1,974万8,000円

孫①
 2割増 

1億
3,125万8,400円
3億
3,529万4,400円
孫② 1,313万6,600円 4,070万800円
合計 1億
9,127万3,000円
4億
9,574万3,200円

【子50%】【孫50%】→孫

  【5,000万円】 【1億円】
40万円 385万円

孫①
 2割増 

48万円 462万円
孫② 0円 102万2,500円
合計 88万円 949万2,500円
 
  【5億円】 【10億円】
7,605万円 1億
9,750万円

孫①
 2割増 

9,126万円 2億
3,700万円
孫② 3,818万円 9,292万5,000円
合計 2億
549万円
5憶
2,742万5,000円

【子70%】【孫30%】→孫

  【5,000万円】 【1億円】
56万円 576万1,000円

孫①
 2割増 

28万8,000円 296万2,800円
孫② 0円 373万5,850円
合計 84万8,000円 1,245万9,650円
 
  【5億円】 【10億円】
1億
938万2,000円
2億
7,941万2,000円

孫①
 2割増 

5,625万3,600円 1億
4,369万7,600円
孫② 6,507万8,100円 1億
5,029万4,000円
合計 2億
3,071万3,700円
5憶
7,340万3,600円

【子90%】【孫10%】→孫

  【5,000万円】 【1億円】
72万円 831万6,000円

孫①
 2割増 

9万6,000円 110万8,800円
孫② 82万8,000円 713万6,800円
合計 164万4,000円 1,656万1,600円
 
  【5億円】 【10億円】
1億
5,413万4,000円
3億
8,155万5,000円

孫①
 2割増 

2,055万1,200円 5,087万4,000円
孫② 8,993万9,700円 1億
9,922万2,500円
合計 2億
6,462万4,900円
6憶
3,165万1,500円

【差額】子&孫は通常・世代飛ばしよりどのくらいお得?

【お得金額】5,000万円編

子:孫 通常 世代飛ばし
10%:90% 201万6,000円 97万6,000円
30%:70% 204万8,000円 100万8,000円
50%:50% 208万円 104万円
70%:30% 211万2,000円 107万2,000円
90%:10% 131万6,000円 27万6,000円

【お得金額】1億円編

子:孫 通常 世代飛ばし
10%:90% 983万6,800円 373万6,800円
30%:70% 1,135万7,800円 525万7,800円
50%:50% 1,124万7,500円 514万7,500円
70%:30% 828万350円 218万350円
90%:10% 417万8,400円 -192万1,600円

【お得金額】5億円編

子:孫 通常 世代飛ばし
10%:90% 8,421万3,200円 2,591万3,200円
30%:70% 9,502万7,000円 3,672万7,000円
50%:50% 8,081万円 2,251万円
70%:30% 5,558万6,300円 -271万3,700円
90%:10% 2,167万5,100円 -3,662万4,900円

【お得金額】10億円編

子:孫 通常 世代飛ばし
10%:90% 1億
6,609万8,250円
4,683万8,250円
30%:70% 1億
7,335万6,800円
5,409万6,800円
50%:50% 1億
4,167万5,000円
2,241万5,000円
70%:30% 9,569万6,400円 -2,356万3,600円
90%:10% 3,744万8,500円 -8,181万1,500円

 

 

 

 

検証まとめ
  • 全体的にお得になるのは世代飛ばし
  • 相続財産が1億円までは、子&孫への相続が一番お得
  • 子&孫への相続は、孫の割合を多くした方がお得
  • 相続財産が5憶円以上&孫の割合が30%未満の時は世代飛ばしの方がお得
お役立ちmemo

◆孫・甥・姪・第三者に財産を残す方法は3つ

 

①遺言書を書く

②養子縁組

③生前贈与

 

ただし、相続税の節税だけを目的とする養子縁組は認められません。

あくまで親子関係を築くための制度であるためです。

【3つの注意点】2割加算で相続税対策する前に

悪いことだけではない2割加算制度。

相続のやり方の1つとして、決して悪くないと思った人もいるのではないでしょうか。

 

続いては、2割加算制度についての注意点。

知っておいてほしいポイントを3つ解説します。

 

ざっくりでもいいので目を通しておきましょう。('ω')

①相続放棄と代襲相続

2割加算の対象外である代襲相続人。

残念ながら、相続放棄をしても次の相続人は代襲相続扱いにはなりません。

 

 

本来の相続人が、『相続前』に亡くなっているという条件は変わりません。

勘違いして相続放棄をしないよう、注意しましょう。

②代襲相続の相続税

相続人の『代わり』になって相続する代襲相続。

代襲相続での相続税は、元々の相続人の相続分を使って計算します。

【例】

・『孫』が代襲相続→『子』として計算

・『甥』『姪』が代襲相続→『兄弟姉妹』として計算

ちなみに、孫や甥・姪には法律による相続分が設定されていません。

計算するときは頭に入れておきましょう。

③養子縁組のリスク

  • 子どもがいない
  • 兄弟姉妹がいる
  • 親がいない(すでに亡くなっている等)

 

この3つの条件が当てはまり、養子縁組を考えている人は要注意。

相続税がUP、または身内で揉める可能性があります。

 

2つのリスクについては以下のとおり。

リスクその1:相続税UP

相続税は、単純に財産額にかかるわけではありません。

財産の金額を減らすことができる、『基礎控除』をしてから相続税を計算するのです。

 

 

財産の金額が減れば当然、相続税も減少。

さらにこの基礎控除額は、『相続する人の数』が多いほど増える仕組みになっています。

(『基礎控除』についてもう少し知りたい人はこの記事も読んでみてね。)

 

 

例えば、次の例で考えてみましょう。

あなたには子どもがいなく、妻と姉・弟・妹がいます。

あなたが死亡し、相続が発生。

養子がいる時といない時の相続人は以下のようになります。

養子なし 養子あり
養子
-
-
4人 2人

養子を迎えた場合は、相続人の数が2人減少。

『第1順位の養子』がいるため、『第3順位の兄弟姉妹』に相続権が無くなったためです。

 

何も考えずに養子を迎えると、思っていた以上に相続税が負担になることもあります。

相続税の特性を理解した上で養子縁組を行いましょう。

リスクその2:身内トラブル

養子を迎えた場合、兄弟姉妹の相続権が消失。

財産が貰えないことに不満を抱く人もいるでしょう。

 

何も告げずに進めてしまうのはトラブルの原因。

揉め事を回避したい人は養子を迎える前に一度話し合い、了承を得た方が理想的でしょう。

【おまけ知識】相続税が2割加算される理由

最後に、2割加算される理由についてご紹介。

あげる人によって相続税が増えてしまうのはなぜなのでしょうか?

 

理由としては2つ。

気になる人はチェックしてみて下さい。('ω')

①世代飛ばしによる相続税を調整するため

通常、財産は『親→子→孫』のように受け継がれていきます。

世代を飛ばし財産を残した場合、相続税が1回分減少。

 

この『1回分』を補うため、2割加算という制度が存在するわけです。

②関わりが大きい身内と差をつけるべきであるため

そもぞも遺産は、残された家族を守るために使われるべきとされています。

 

残された家族とは多くの場合、配偶者や子ども。

孫や甥・姪ももちろん大事な家族に変わりはありません。

しかし、そこは他の家族と一線おきましょう、という理由から2割加算されるわけです。

 

ましてや第三者に関してはもってのほか。

財産を取得した上に負担まで家族同等の扱いでは、たしかに腑に落ちませんよね。

 

 

また、財産へ貢献している可能性が高いためという理由もあります。

 

夫婦であれば多少なりとも2人で築きあげた財産もあるでしょう。

子どもの協力を得て作り上げた財産もあるかもしれません。

 

このように、『身近レベル』が高い人を優遇しましょうというわけです。

2割加算は理にかなっている制度と言えるのではないでしょうか。('ω')

まとめ

  • 1
    2割加算の対象は『配偶者・親・子以外』の相続人
  • 2
    あえて2割加算した方がお得になるケースは『世代飛ばし』
  • 3
    遺産額が大きいほど、節税には世代飛ばしが有効
  • 4
    代襲相続を作ることは不可&養子縁組は相続税UPの可能性あり
  • 5
    2割加算の目的は相続税の『調整』と『差異化』

 

やり方次第では相続税を大きくカットできる2割加算制度。

マイナスイメージが強かった分、意外に感じた人もいるかもしれません。

 

ただし節税ばかりを考え、本当に財産を残したい相手に渡らなければ本末転倒。

まずは自分が『どうしたいか』を尊重しましょう。

その上で2割加算制度が有効であれば、遠慮なく使うとイイでしょう。

 

 

また、今回は紹介しなかった『生前贈与』も財産を残すもう1つの手。

 

贈与税には2割加算の概念がなく、場合によっては相続よりも有効的かもしれません。

ただ、贈与には即効性がなく早めの対策が必須。

贈与に興味がある人は早めに行動する方が吉でしょう。

 

 

贈与にせよ、相続にせよ後悔だけはNG。

『最良な財産の残し方』に少しでも不安や迷いがある人は、相続専門の税理士へ相談しましょう。

 

対策は確実であることに越したことはありません。('ω')

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-75-1234
営業時間
9:00~19:00
平日・土曜・日祝受付中!

【メルマガ&動画チャンネル】
(無料です(*'ω'*))

 

税制の改正や相続に関する情報をタイムリーに配信中!
是非登録してくださいね!

新宿相続税理士事務所
チャンネル

税金!相続等の情報をタイムリーに
解りやすく動画で配信しております!
ぜひチャンネル登録をしてご覧ください

youtubeのテーマ募集中!

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-75-1234

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。