〒160-0023 東京都新宿区 西新宿7丁目19番5号 KYS西新宿ビル1階

無料相談受付中
営業時間:9:00~19:00
平日・土曜・日祝受付中

ご自宅への出張面談も可能です

1ミリも知らなかった借金を相続!?
予期せぬ【後から借金】の対処法

こんにちは。相続税理士の天尾です。('ω')

 

今回のテーマは、『相続完了後に浮上した故人の借金問題』。

後で分かった多額の借金は、一体どうすればいいのでしょうか?


「知らない借金の請求がきた」

「支払っていくしか道はないの?」
 

こんな方はぜひ、読んでみて下さい。

◆:消費者金融からの借金

◆:クレジットカードの未払い金

◆:カードローン

◆:銀行などの金融機関からの借入金

◆:知人からの借金

◆:故人が連帯保証人になっている借金

◆:家賃や携帯料金など、各種滞納金や未払い金

ひと口に【借金】といっても、内容は広範囲。

借金が原因で人生が狂ってしまうこともあります。

 

早めに対策し、不要な負担からの解放を目指しましょう!

知らなかった借金を相続してしまった時の対処法

  • 「借金なんて無いと思って相続したのに、後から発覚した」
  • 「いきなり知らない借金の請求がきた」

 

こんな時の対処法として考えられるものは4つ。

 

①:相続放棄

②:消滅時効の行使

③:債務整理で返済負担を減らす

④:自己破産

 

①から順番に対処していくことをオススメ。

それぞれ簡単に解説していきます。

①:相続放棄

手続き期限が過ぎた相続放棄は、基本的にできません。

 

しかし、借金を知ることができなかった然るべき理由があれば話は別。

家庭裁判所にて事情説明の手続きをし、認められれば相続放棄できます。

 

必ず成立する保障はありませんが、正当な理由があれば可能性は充分にあります。

まずは相続放棄を検討してみましょう。

 

 

なお、手続き期限は『借金の事実を知ったときから3ヶ月』となります。

 

【通常】死亡を知ったときから3ヶ月

【例外】借金の事実を知ったときから3ヶ月

②:消滅時効の行使

消滅時効とは、一定期間使われていない権利を消滅させる制度。

つまり、借金返済が長期間行われていない場合、『返済する権利』を無くすことが出来るのです。

◆・消滅時効が成立する期間・◆

銀行や消費者金融:5年

友人など個人からの借金:10年

 

注意
以下のような場合は時間進行がリセットされる

 

◆:債権者が裁判所に訴訟提起する

◆:差し押さえされる

◆:時効成立前に借金返済の意思表示をする

◆:時効成立前に返済期間の延長をお願いする

◆:時効成立前に一部返済してしまう

 

注意事項にもある通り、時効成立はかなり難しいのが現状です。

可能性は低いかもしれませんが、確認しておきましょう。

③:債務整理で返済負担を減らす

借金先の業者と交渉し、支払いの負担を減らす方法。

借金の消滅は出来ないものの、支払額が減ることで経済的にかなり楽になります。

 

ただし、借金先の相手が同意しなければ成立しません。

個人で交渉するのは控え、弁護士や司法書士に相談し実行しましょう。

④:自己破産

相続放棄ができず、軽減しても返済が困難な場合は検討してみましょう。

いくつか注意点はありますが、借金を無くすことが出来ます。

 

主な注意点としては以下のとおり。

◆・注意点・◆

  • 自分所持の【高価な財産は処分】
  • 何年間は【クレジットカードの作成が困難】
  • 裁判所の審査が必要となり、【手続きしても必ず認められるわけではない】

また、専門家への支払い面が気になる人は法テラスへ相談してみましょう。

月5,000円~の分割払いや、免除を受けることができます。

 

ネガティブなイメージが強い自己破産ですが、破産法に基づく立派な救済措置。

尻込みせず利用してみましょう。

 

特別な相続放棄が認められる基準とNG行為

特別な相続放棄が認められる明確な判断基準は、残念ながら用意されていません。

相続放棄の決定は、すべて家庭裁判所の判断に委ねられているためです。

 

そこでこの章では、実際の裁判事例を基にした判断基準をご紹介。

当てはまれば成立の可能性大!

必ずチェックしておきましょう。

 

また、正当な理由があったとしても、相続放棄が出来なくなってしまうNG行為もあります。

せっかくの可能性を水の泡にしないよう、ぜひ併せてご確認下さい。

◆:認められる基準

◆:相続財産が全くないと信じていて、さらに根拠となる理由がある

◆:相続財産の有無の調査が困難な事情があった

【該当すると考えられる具体例】

  • 故人との仲が悪く長年交流が無かったため、資産状況の把握が困難だった
  • 海外に住んでいた上に親族とは長年連絡を取っていなかったため、財産調査のきっかけが無かった
  • 故人の何不自由ない暮らしから、借金の可能性に至らなかった

 

注意
法律を知らなかったという理由は、受け入れられない

◆:認められなくなるNG行為

◆:遺産を処分
 
『相続した』とみなされ、相続放棄できなくなります。
◆:家などの不動産を取り壊す
◆:譲渡する
◆:売却する
◆:預金口座の現金を使う



なお、以下のような行為は対象となりません。
 
  • 故人所持の【ごく僅かなお金】の使用や受け取り
  • 遺産で【葬儀費用】を支払う
  • 遺産で【墓石】や【仏壇】を買う
◆:遺産から故人の借金を返済する

 

相続放棄する前に一部でも返済してしまうと、手続きできなくなります。

ちなみに、自分の口座から返済している場合は該当しません。

 

◆:遺産の通知を無視する

 

『借金があることを知っていた上で相続放棄をしなかった』

 

単に手続きを怠ったと判断され、認めてもらえる可能性が大幅にダウンします。

「自分には関係ない」と無視するとリスクが高まるので注意しましょう。

【借金は疑え】証拠集めで安全相続

「自分の家族が借金をするとは思えない」

「まさか借金なんてあるわけがないだろう」

 

何の根拠もなしに勝手に思い込んでしまうのは、とってもリスキー。

借金の有無や金額を確認し、より安全な相続を実現させましょう。

 

ここでは借金の確認方法をご紹介。

確認内容は大きく2つです。

 

  • 【信用情報機関】に開示請求する
  • 【身の回り】から借金の証拠を探す

 

 

それぞれ簡単にまとめたので、ぜひチェックしてみて下さい。

なお、質の高い確実な調査を完了したい方は、弁護士などの専門家へ依頼しましょう。

【信用情報機関】に開示請求する

3つの信用情報機関から、借金の情報を入手しましょう。

CIC(指定信用情報機関)

分かる借金情報
クレジットカード
 


JICC(日本信用情報機構)

分かる借金情報
消費者金融からの借金
 


全国銀行協会

分かる借金情報
銀行などからの貸付状況や不動産ローン
 

【身の周り】から借金の証拠を探す

アナログ式で証拠を探すことも有効。

また、個人的な借金については地道に調べる他に方法はありません。

遺品整理の時などにチェックしてみましょう。

 

◆:預金通帳の取引履歴

◆:借用書

◆:請求書

◆:督促状

 

注意
知人へ直接問い合わせるのは辞めた方がいいかも
 
  • 時効不成立の原因になる
  • 嘘の金額を請求される可能性がある
  • そもそもトラブルになりやすく、円滑な解決が難しい

プラス財産があるなら【限定承認】も有効

  • 「プラス財産も借金もどっちもある」
  • 「借金額がハッキリせず、相続すべきか判断できない」
  • 「とにかく借金の支払いだけは回避したい」

 

こんな人は【限定承認】も視野に入れてみましょう。

 

限定承認とは相続方法の1つ。

相続放棄同様、手続きをすることで成立させることが出来ます。

状況によっては、相続放棄より限定承認の方が得策な場合も。

 

簡単にまとめましたのでチェックしてみて下さい。

◆:【限定承認】って?

プラス財産の範囲分だけマイナス財産を受け継ぐ相続法。

相続するマイナス財産に上限を設けることができます。

【借金 > プラス財産】のとき

プラス財産以上の借金は切り捨て

 

【借金 < プラス財産】のとき

借金との差額分を受け取り

メリット

◆:借金を相殺し、ゼロにできる

どんなに多額の借金があっても、プラス財産以上のものは切り捨てられます。



◆:プラス財産が相続できる

結果的にプラス財産が多かった場合、マイナス財産との差額分を相続できます。



◆:身内との人間トラブルを防げる

相続財産で負債処理が完了するため、次の順位の相続人に被害が及びません。

(相続放棄は相続権が移るため、関係性悪化の原因になる)

 
注意

◆:【相続人全員】が手続きしなければいけない

◆:手続き期限は【故人の死亡を知った日から3ヶ月以内】

◆:期限が過ぎたり、手続きしなかった場合は【自動的に全て相続】

◆:相続したプラス財産には、【所得税】【住民税】が課税される

 
【相続放棄】と【限定承認】選ぶ基準

◆:こんな時は【相続放棄】がおすすめ

・プラス財産が無く、借金のみ
・相続を選択するメリットがない


◆:こんな時は【限定承認】がおすすめ

・プラス財産がある
・借金額が不透明で、万が一のために備えたい
お役立ちmemo

◆手続き期限3ヶ月は延長できる

 

家庭裁判所へ、熟慮期間の伸長の申立てをすれば期間が延長できます。

もう少し時間が欲しい人は手続きしてみましょう。

【最後に】この記事のまとめ

  • 借金の回避法は【相続放棄】【消滅時効の行使】【自己破産】【限定承認】
  • 借金の消滅ができなくても、【債務整理】で負担軽減はできる
  • 【法律の無知】は相応の理由にはならない
  • 遺産に手を付けたり、借金の存在を認識していた時は相続放棄できない
  • 借金の有無は【開示請求】や【身辺調査】で確認

 

後で分かった借金への対策法。

もしかしたら、個人で実行するにはなかなか難しいものばかりかもしれません。

 

借金は、その後の人生を大きく変えてしまいます。

出来ないことはムリせず、専門家へ相談してしまいましょう。

 

プロに任せることで確実性がUPし、借金回避の可能性が高まります。

むやみに手続きした結果、不成立となっては元も子もありません。

少しの可能性もムダにせず対策していきたいところです。

 

 

報酬の支払いが難しい方は『法テラス』がおすすめ。

分割払いや免除も受けることが出来るので、負担を減らしつつ借金問題解決に取り組めます。

 

出来る対策は必ずあります。

ぜひ、諦めずに自分に合った方法を選択していきましょう。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-75-1234
営業時間
9:00~19:00
平日・土曜・日祝受付中!

【メルマガ&動画チャンネル】
(無料です(*'ω'*))

 

税制の改正や相続に関する情報をタイムリーに配信中!
是非登録してくださいね!

新宿相続税理士事務所
チャンネル

税金!相続等の情報をタイムリーに
解りやすく動画で配信しております!
ぜひチャンネル登録をしてご覧ください

youtubeのテーマ募集中!

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-75-1234

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。