〒160-0023 東京都新宿区 西新宿7丁目19番5号 KYS西新宿ビル1階

無料相談受付中
営業時間:9:00~19:00
平日・土曜・日祝受付中

ご自宅への出張面談も可能です

6月26日最新!持続化給付金の2020年(今年)開業のフリーランスや個人事業主の申請要項が発表されました。開業届がない方も必見の内容です。【朗報】

今回のテーマは、2020年6月26日に待ちに待った2020年開業の人の持続化給付金の要綱がとうとう発表されました。これについて詳細を速報でお伝えします。

 

同じ内容を下記の動画でもお話ししています。

まず1つめです。6月29日から申請が開始になります。今までの持続化給付金と同じように、ホームページからのみの申請となっています。

 

そして、大事な2つめ。必要な書類についてご案内していきます。必要な書類は4つあります。

  1. 持続化給付金に関わる収入等申立書
  2. 通帳
  3. 本人確認書類
  4. 開業届出書

この4つのうちの通帳と本人確認書類というのはみなさんご用意できると思いますのでこのブログでは割愛して、重要なところだけをお話しさせていただきます。

 

1つめです。持続化給付金に関わる収入等申立書。こちらは今の時点では持続化給付金のホームページからダウンロードすることはできませんが、おそらく6月29日にダウンロードできるようになるのではないかと思います。

要綱の1ページに既に記載例が書かれていますが、記載例は本人の名前・住所・2020年の開業からの売上、そして、それを確認しましたという税理士のサイン・署名・ハンコが必要です。

 

これが1つめの持続化給付金に関わる収入等申立書です。2と3を飛ばして4つめに行きます。開業届については、事業を開始するときに皆さん税務署とか都税・府税・県税に開業届出書を出したと思います。

こちらの控えなんですけども、当ブログをごらんの皆さんの中にはこの控えを持っていないという人、もしくは出していないという人もいると思います。ない人はどうすればいいのか、コールセンターに聞いてみました。

 

その答えが「4’」と書いてある分です。

  1. 開業日
  2. 代表者
  3. 所在地
  4. 業種
  5. 書類の提出日

この5つが書かれている書類を提出すれば審査をしていただけるとのことです。

 

「どういう書類ですか」と聞くと、「一概には申し上げられない」とコールセンターの人は仰っていたので、たとえで私が聞いてみると、このような回答でした。

「飲食店なら飲食許可証などの申請をするときに、店名・場所・名前・開業日・書類を申請した日を書いてありますが、そういうので大丈夫ですか?」

「それも該当するとは思いますが、提出してみてください」

飲食店の人の場合は飲食店の許可証とか、賃貸契約書はどうですかと聞いてみると、賃貸契約書も上記の5項目が書いてあれば該当するのではないかと、審査をすると仰っていました。

 

開業届がない人で、開業届には2020年1月1日から3月31日までの日付のいずれかの記載があって、5月1日までに提出した人。今から開業届を提出しに行くのはNGです。先ほど申し上げた通り5つの項目が網羅されている書類を探して提出すれば、審査はしていただけるとのことです。

ですので、このブログをごらんの皆さんは6月29日に間に合うように、持続化給付金に関わる収入等申立書(おそらくホームページからダウンロードできるようになります)・通帳・本人確認書類・開業届出書かそれにかかる「4'」の書類というのを用意してください。

 

持続化給付金に関わる収入等申立書は税理士のサインなども必要なので、ちょっとハードルが上がるかもしれません。税理士に頼んでいる人はお手伝いをしてもらって、相談するのがいいかなと思います。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-75-1234
営業時間
9:00~19:00
平日・土曜・日祝受付中!

【メルマガ&動画チャンネル】
(無料です(*'ω'*))

 

税制の改正や相続に関する情報をタイムリーに配信中!
是非登録してくださいね!

新宿相続税理士事務所
チャンネル

税金!相続等の情報をタイムリーに
解りやすく動画で配信しております!
ぜひチャンネル登録をしてご覧ください

youtubeのテーマ募集中!

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-75-1234

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。