〒160-0023 東京都新宿区 西新宿7丁目19番5号 KYS西新宿ビル1階

無料相談受付中
営業時間:9:00~19:00
平日・土曜・日祝受付中

ご自宅への出張面談も可能です

【急げ】税務署発表!コロナによる確定申告の期限延長は4月15日まで

今回のテーマは、令和3年(2021年)4月15日で新型コロナウイルス感染症の影響による確定申告の延長期限が終わるということについて、お話ししていきたいと思います。

これは税務署で公式に発表になっているんですけど、あまり大きく報道されていない・知られていなくて、令和元年のようにゆるゆるというかズルズルとね、延長がまだできるんじゃないかと思っている人がいるようなんですけども、令和元年、そのほかのものについても、令和3年4月15日でゆるゆるの延長は終わります。

このことについて今回はお話をしていきます。同じ内容を下記の動画でもお話ししています。

目 次

  • 確定申告期限ゆるゆる延長
  • 提出による期限確定
  • 公式に書いてある
  • 期限に間に合わなかったら
  • 個別延長の期限はいつ?
  • 税理士も困る個別延長の「具体的な理由」

確定申告期限ゆるゆる延長

4月16日以降の確定申告はということで、今年は令和元年に続いて、通常3月15日に確定申告が終わるところ、4月15日まで申請を受けつけるということになっております。翌日以降、4月16日以降に確定申告を提出するとどうなりますかという話なんですけど、令和元年のようにゆるゆる延長ではないです。

ゆるゆる延長というのは、ゆるすぎた反省で今年変えるのかもしれないんですけど、どういうのだったかと言うと、ご存じの人もいますけど申告書に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と右上とかに書けばそれでいいですよ、期限延長を認めますよ、ということだったんですね。

最初は3月15日に確定申告が終わるのを、去年の場合は3月5日くらいに「4月15日まで延ばしましょう」という話になって、今年のように準備もできていなかったので、4月15日以降になっても受け付けますよということになって、こういう制度ができたんですよね。

今は税務ソフト、私たちが使っている申告用ソフトでもレ点のチェックを入れれば「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」というのが印字されるんですけど、そのときはなかったので、私はスタンプを作って押して出したりしていました。

電子申告の場合はそういう風に記載してくださいねということになっていたんですけども、これを書くだけで認められていました。みなさんそういう状況なので「書いたらいいんだ」みたいになって結構ゆるゆるで、今でも出していない人がいます。

提出による期限確定

「延長できるでしょ」みたいに思っている人がいるんですけど、あまり大きく発表されてはいませんが、令和元年の延長になった申告書の提出期限も今年の4月15日、令和2年分と同じということが発表になっています。みなさん気づいてないんですけど。

ちなみに、令和元年に出していなくて令和2年分の申告書を先に提出してしまうと、令和2年分を出したときに令和元年分もその日が期限になってしまいます。期限が延長になっている場合は提出した日が納付期限です。

どういうことかと言うと、令和元年分の確定申告書を令和3年4月15日に提出したら、4月15日に納付しないとそこから後に納付した分は延滞ということになります。納付と申告の期限日が同じということになっています。

さっき言った通り、申告と納付期限が延長で、提出したときに同時に延長が解除されます。そういう風に思っていただくといいかなと思います。

令和2年の期限も今申し上げた通り、令和3年4月15日です。お話ししている今日は4月11日なんですけど、東京都は4月12日からまん延防止等重点措置が適用されて、飲食店だけがまたお金をもらえるみたいです。

そこについてはまた別の記事で、飲食店「だけ」?という話をしていきたいと思うんですけど、そういうものの申請のためには絶対に確定申告書が必要なんでね、早めにしていただく方がいいと思います。

それでも申告が遅れる場合は、去年の流れで「全然遅れてもいいんでしょ」と思っている人とか遅れる人がいると思うんですけど、今回の場合は「災害による申告・納付等の期限延長申請書」というものを添付しなさいということになっています。

公式に書いてある

この辺で税務署の公式ページを見ていきましょうか。「令和元年分の確定申告をこれから行う場合」、これは今年の2月に更新されているんですけどね。こういうことが書いてあります。

  • 令和元年分の確定申告(申告所得税(及び復興特別所得税)、贈与税及び個人事業者の消費税(及び地方消費税))を今後される予定の方におかれては、令和2年分の確定申告を行うまでに行っていただくこととなります(令和2年分の確定申告と同時でも差し支えありません)
  • 令和2年分確定申告の申告・納付期限が全国一律で令和3年4月15日(木)まで延長
  • 令和元年分について、令和2年分の確定申告期限以降に申告した場合には、令和2年分確定申告の期限までに申告できないことについて、災害その他やむを得ない理由があると認められる場合を除き、原則として期限後申告として取り扱われることとなるためご注意ください。

国税庁ホームページ・国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQより引用

税法とか税務署とかの言い方ってややこしいんです。ここを読み解くと結局、「令和元年をまだやってない人は令和2年分の確定申告期限以降に申請した場合(4月16日以降に申告した場合)は、令和2年の確定申告期限(令和3年4月15日)までにできなかったことについて、やむを得ない理由がない限りは認めませんよということです。

要は「4月15日で終わりです」というのをちょっとややこしい書き方をしてるんですね。さっきちらっと言った通り、令和元年分より令和2年分を先に提出してしまうと、令和元年分はそのときが期限になります。

期限に間に合わなかったら

では、実際にできなかったらどうするんですかというところを見てみます。もうゆるゆるで、できると思い込んでいる人が結構たくさんいると思うんで要注意なんですけども、その場合は「災害による申告、納付等の期限延長申請書」を出してください。

国税庁ホームページ・国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQより引用

簡易な方法というのがあります。これがゆるゆる令和元年版ゆるゆるコロナ延長なんですけども、「新型コロナウイルス感染症の影響により、令和3年4月16日以降に個別延長を申請する場合に、申告書の余白等に所定の文言を記載する方法での申請はできないのでしょうか」と書いてありますが、これが簡易的な方法で、さっきのハンコでOKというやつですね。

今年については書いてありますけども、令和元年と違ってちゃんと対策もしました、もともと期限も2カ月と言っていました、だから「申告いただけるものと考えています」と。

それでも影響を受ける人はいると思いますので、そういう人は「やむを得ない理由を具体的に確認する必要があるため、状況を記載する欄がある『災害による申告、納付等の期限延長申請書』を作成・提出してください」とのことです。

この「災害による申告、納付等の期限延長申請書」というのは、通常は地域にある災害、たとえば地震とか洪水とか、そういうのでこの地域一帯の人は遅らせますというのが過去にはあったこともあります。

たとえば東日本大震災のときとか、その地域の人全部遅らせていいですよということなんですが、そうではない「個別」の場合。これは「個別」による申請なので、たとえば火事に遭って帳簿が全部消失しましたとか、確定申告を個人がやっているけどその個人が入院してしまいましたとか、そういう場合に書くんですね。

「○月○日から□月□日までの間に△△△により被害を受けましたので」ということで被害状況とか書いて、延長を申請します。今回の場合だったら、本当に入院とかね、新型コロナウイルスに感染した人が「入院のため、○月○日から□月□日まで隔離生活を行っていて申告ができませんでした」とか書くと認められる可能性は高いんじゃないかなと思います。

個別延長の期限はいつ?

では、個別指定による期限延長が認められた場合は、期限はいつになるんですかと言うと、やむを得ない理由が終わってから2カ月以内かな。そういう書き方をしていると思うんですけど、「税務署長が申告・納付期限を指定する」ということになっています。

指定できるのが、やむを得ない理由が終わってから2カ月以内と税法で決まっているんですけども、税務署長が決定することになっています。あまり知られていないけどこういう風にちゃんと書いてあるので、4月15日が今までゆるゆるのすべて遅らせていたものの期限だと思ってください。

国税庁ホームページ・国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQより引用
 

ここは「確定申告」という文言が書いてあるんですけど、ではほかの、たとえば法人ですとか相続とか贈与とか、それはどうなるんですかというのは問1-5に書いてあるんですね。「申告所得税等以外の税目の個別延長」。

ここについても、「新型コロナウイルス感染症の影響により期限までに申告・納付等が困難な方もおられると考えられ、そのような方については、個別指定による期限延長が認められます」と書いてあります。

「個別指定」というのがさっきの「災害による申告、納付等の期限延長申請書」を出すことですね。注意書きとしてこのように書いてあります。

  • なお、令和3年4月16日(金)以後に個別指定による期限延長を申請する場合は、期限までに申告・納付等することができないやむを得ない理由を具体的に確認する必要があるため、申告所得税等の取扱いと同様に、個々の状況を記載する欄がある『災害による申告、納付等の期限延長申請書』を作成・提出してください。

こういう書き方がしてあるので、書いてはいないんですけど逆に言うと、4月15日までは今まで通りのかんたんスタンプでいいんですね。逆を読み取るとそういうことなのかなと。「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」という文言を申告書に書けばいい。

税理士も困る個別延長の「具体的な理由」

調べてないんですけど、4月16日以降は今までみたいなゆるゆる申請はダメ、しっかりとした添付書類を出さないといけない。じゃあ出せばいいんでしょとみなさん思うかもしれないんですが、税務署に行ったり自分で書く場合は書けばいいと思うんですけども、税理士に頼む場合は結構嫌がると思います。

私も「なぜですか」と延長の理由を聞いて、それだったら自分でちゃんと理由を書いて責任を取ってくださいねと言います。ずっと顧問契約していてその人がそういう状況になったと知っていればいいんですけども、たとえば確定申告の依頼、今でも4月11日になって「今からお願いします」という人がいるんですけど、そういう人には「15日にはもう間に合いませんよ」と言っているんですけどね。

もしそういうことで「これ出せばいいんでしょ」と言われたら、それはあなたが書いてくださいという風に私は言うと思います。だってその人の状況・本当に出せなかった理由というのを知らないんですから、なのに、私にそこをまる投げされて書けと言われても、それは断るかなと思います。

今回はコロナ延長がいつまでかということがあまり大きく報道されていないので、はっきりとお伝えしました。令和3年4月15日でコロナ延長・申告類はすべて終わると思ってください。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-75-1234
営業時間
9:00~19:00
平日・土曜・日祝受付中!

【メルマガ&動画チャンネル】
(無料です(*'ω'*))

 

税制の改正や相続に関する情報をタイムリーに配信中!
是非登録してくださいね!

新宿相続税理士事務所
チャンネル

税金!相続等の情報をタイムリーに
解りやすく動画で配信しております!
ぜひチャンネル登録をしてご覧ください

youtubeのテーマ募集中!

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-75-1234

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。