〒160-0023 東京都新宿区 西新宿7丁目19番5号 KYS西新宿ビル1階

無料相談受付中
営業時間:9:00~19:00
平日・土曜・日祝受付中

ご自宅への出張面談も可能です

【悲報】2020年の最低賃金が最低すぎる……

今回のテーマは、withコロナ・afterコロナの最低賃金の上昇率が最低過ぎるというお話です。同じ内容を下記の動画でもお話ししています。

最低賃金についてご存じの人も多くいらっしゃると思いますが、簡単に言うと国が地域ごと・都道府県ごとに1時間当たりの最低の給与・時給をこれ以上にしなさいというのを決めています。毎年10月1日から末日までの間に、各都道府県でそれに合わせて施行されます。

去年・令和元年(2019年)10月に、東京都の最低賃金が初めて1000円を超えました。神奈川県もですね。これは政府が数年間かけて毎年3%の賃上げ率で加重平均を1000円以上にしようという目標で、4~5年ずっと二十数円ずつ上げたという経緯があります。

 

こちらが10月1日からになっているので、今の時期・8月頃に各都道府県から最低賃金がいくらかというのが発表があるのですが、主要なところは発表が始まっています。

そして、最低賃金が日本で一番高い東京は現在1013円です。こちらは令和2年(2020年)10月以降は据え置き。1円も上がりません。0円です。神奈川県は1011円から1円上がって1012円の予定となっています。

 

これは中央最低賃金審議会という審議会がありまして、そちらで指針、「おおよそこれぐらい上げましょう」というのを毎年決めるんですね。

 

今年(2020年)の7月22日に厚生労働省から発表された段階で、「据え置きくらいが望ましい」と発表になっていましたので、ご存じの人もいるかもしれませんが、1~2円しか上げないという都道府県がほとんどです。

まだ発表になっていない都道府県はあるんですけども、おそらく1~2円しか今年は上がらないのではないかということになっています。

 

Afterコロナ・withコロナということで、家賃の相場が下がりだしたとか、マンション・オフィスの空室率が上がってきたとか、いろいろな影響が今後出てきます。

コロナとは別に人口が50万人ずつ減ってきているという情報も出ています。今後もこういったみなさんに直接影響があるようなお話をお届けしていきますので、当ブログのチェックを引き続きよろしくお願いします。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-75-1234
営業時間
9:00~19:00
平日・土曜・日祝受付中!

【メルマガ&動画チャンネル】
(無料です(*'ω'*))

 

税制の改正や相続に関する情報をタイムリーに配信中!
是非登録してくださいね!

新宿相続税理士事務所
チャンネル

税金!相続等の情報をタイムリーに
解りやすく動画で配信しております!
ぜひチャンネル登録をしてご覧ください

youtubeのテーマ募集中!

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-75-1234

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。