〒160-0023 東京都新宿区 西新宿7丁目19番5号 KYS西新宿ビル1階

無料相談受付中
営業時間:9:00~19:00
平日・土曜・日祝受付中

ご自宅への出張面談も可能です

【悲報】持続化給付金の2020年開業特例申請についてコールセンターに問い合わせた結果、新事実が発覚しました...【個人事業主やフリーランス】

今回のテーマは、2020年6月29日から申請が開始になりました持続化給付金の2020年開業特例についてです。

開業届が要綱に合致したものがないケース、開業届が要綱に合致しない日付で提出した場合はどうなるのかをお話しします。

 

同じ内容を下記の動画でもお話ししています。

結論からお伝えします。要綱に合わない申請届を出した結果はNGです。今回の要綱では開業届は2020年1月1日~3月31日の開業日の記載です。5月1日までに届出・提出をして、税務署の収受印があるものが条件となります。

こちらについて何らかの事情で遅れてしまったという人が遅れてしまった内容で、5月1日以降に提出した内容で申請をしましたが、申請事務局から不可というメールが届きました。

 

この内容をコールセンターに確認しました。「4’」に該当する書類はどのようなものなのかということを聞くと、ここで要綱に記載のない新事実が伝えられました。

  • 代表者名
  • 開業日
  • 業種
  • 書類の提出日
  • 所在地

上記5つの記載がある「4’」という書類については、公的機関が発行したものか、その押印があるものでないと不可という初めての事実が知らされました。そのようなものがあるのかと訊ねたら、市町村や税務署が発行した書類やハンコを押した書類と回答されました。

 

この内容を聞くと非常にハードルが高いというか、このような書類はないのではないかというのが私の見解です。開業届以外でそのような書類をどこかの市町村に出すという事実は、ほぼないと思います。

今回、申請で不可となった人は「4’」で公的な書類ではないもので再度申請を行いましたので、その申請の結果が判明すれば改めてお伝えさせていただきます。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-75-1234
営業時間
9:00~19:00
平日・土曜・日祝受付中!

【メルマガ&動画チャンネル】
(無料です(*'ω'*))

 

税制の改正や相続に関する情報をタイムリーに配信中!
是非登録してくださいね!

新宿相続税理士事務所
チャンネル

税金!相続等の情報をタイムリーに
解りやすく動画で配信しております!
ぜひチャンネル登録をしてご覧ください

youtubeのテーマ募集中!

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-75-1234

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。