税金・相続・節税・時事ネタを中心に税理士界の池上彰がお届けします

皆さん!こんにちは!新宿相続税理士事務所です。

ラグビーワールドカップに関する税金は・・・

2019年9月!いよいよ日本を舞台に開催されております。ラグビーワールドカップ!すごい盛り上がりを見せておりますね!

じつは私はラグビードラマの代名詞!スクールウォーズの相模一校のモデルとなった高校出身なのです。ですので普通に体育でラグビーの授業があったりしました。

さて。ラグビーワールドカップ!日本はベスト8まであと少しですが

みなさんラグビーワールドカップの優勝賞金はご存じでしょうか?

ちなみにサッカーワールドカップ2018は約43億円でした(*'ω'*)

ラグビーはもっとビックリ!

驚愕の!

・・・

・・

0円!

( ゚Д゚)!

本当になんと尊いスポーツなんでしょうか。。。。

大会優勝賞金はありませんが

日本ラグビー協会から報奨金はでるようです。

優勝・・・・・500万

ベスト4・・・300万

ベスト8・・・100万

 

とのことです。個人的には少なく思ってしまいますね。

で、その報奨金は税金がかかるのか!

さぁどちらでしょうか?

・・・

・・

かかりません!

税金に関しては税法という法律で定められており、このケースですと所得税にあたります。

所得税法

第9条  

次に掲げる所得については、所得税を課さない。

十四  オリンピック競技大会又はパラリンピック競技大会において特に優秀な成績を収めた者を表彰するものとして財団法人日本オリンピック委員会(平成元年八月七日に財団法人日本オリンピック委員会という名称で設立された法人をいう。)、財団法人日本障害者スポーツ協会(昭和四十年五月二十四日に財団法人日本身体障害者スポーツ協会という名称で設立された法人をいう。)その他これらの法人に加盟している団体であつて政令で定めるものから交付される金品で財務大臣が指定するもの

って文章があります。日本オリンピック委員会の加盟団体として日本ラグビー協会も認められてるので

今回は所得税は非課税になると思われます(財務大臣が指定するものという決まりが一応あります)

オリンピックの金メダルの方に所属会社が1000万とかの報奨金を出すこともありますが

それは間違いなく所得税がかかりますね。

ちなみに日本オリンピック協会には話題のテコンドー協会も加盟されております(+_+)

さて第二問です。

こちらも現在発表中ですが

ノーベル賞の賞金です!

ノーベル賞の賞金は年度によって違いますが

9000万円~1億2千万程です。

さてこちらは税金がかかるか?否?

さてさて・・・

・・・

・・

答えは!

物理学、化学、生理学・医学、文学、平和はかからない

経済学はかかる

( ゚Д゚)!

なんともこれまた驚愕の答えでしたでしょ?

先ほどの所得税法9条にある文章です

ホ ノーベル基金からノーベル賞として交付される金品

この文章があるのでノーベル基金からの賞金は非課税(税金がかからない)です。

がしかし

じつはノーベル経済学賞のみノーベル基金からではなく、スウェーデン国立銀行から交付されてるのです。

ノーベル賞はノーベルさんの遺言で始まったもであり、その後に設立された経済学賞は

ノーベル財団が認めてないのです。

そういう大人の事情があるのですね(*'ω'*)

実際にはこのノーベル賞の賞金が所得税の非課税と規定されたのも

日本人初の湯川秀樹氏が受賞されたことがキッカケで法改正されたのもです。

幸い?にも未だ経済学賞を受賞した日本人がいないので大きな問題にはなってないようです。

おそらく日本人のかたが受賞されたときに、なんらかの措置がとられるのではないかと思います。

税法にも歴史あり!ですね

最後までご覧頂きありがとうございました!

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-75-1234
営業時間
9:00~19:00
平日・土曜・日祝受付中!

【メルマガ&動画チャンネル】
(無料です(*'ω'*))

 

税制の改正や相続に関する情報をタイムリーに配信中!
是非登録してくださいね!

新宿相続税理士事務所
チャンネル

税金!相続等の情報をタイムリーに
解りやすく動画で配信しております!
ぜひチャンネル登録をしてご覧ください

youtubeのテーマ募集中!

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-75-1234

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。